いろいろ雑記

2016年7月26日 (火)

朝日新聞に掲載されます

掲載紙のお知らせです。
朝日新聞の夕刊の環境面で月に一度エコツアーの紹介がされていますが、7月26日付の夕刊に「ネイチャーツアーとんとんみー」が紹介されます。(夕刊がない地域では明日の朝刊)
干潟の生き物観察のツアーの様子です。
お手に取る機会のある方は、ぜひご覧になってください。
yogo

2015年7月 8日 (水)

台風9号

1436328805445.jpg
台風9号が沖縄地方に近づいています。
10日、11日は大荒れの天候となり、飛行機も船も止まる見込みです。こちら方面へいらっしゃる方は台風情報に注意して、安全第一に行動してください。
できたら渡航延期または早めの脱出が望ましいです。

西表島は10日未明より停電しそうです。メールの返信等は電気が復旧した後になると思います。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

また、次の台風11号は発達して日本列島に近づいてきます。どなた様もお気をつけください。

yogo

2015年5月17日 (日)

壱岐島でも地衣類

1431849349689.jpg

壱岐島には無数と言っていいほど、神社がたくさんあります。写真は小さな漁村にある小さな神社。

これらの神社を巡るツアーなどもあり、神社好きにはたまらないはず。

でも私がつい気になってしまうのが…

1431849351418.jpg

地衣類です。

古い鳥居や石垣に、もちろん樹皮にもたくさんの地衣類。


1431849352698.jpg

この立体的な地衣類はウメノキゴケ(多分)
東北以南ではごくごく普通種なので皆さんも目にしたことはあると思います。でも西表島にはほとんどないのでやはり、「ほ~」って見てしまいます。


1431849354262.jpg

壱岐島は弥生時代から古墳時代にかけて、交易の要となった島で、遺跡も多く残されています。自然も素晴らしいけど、歴史も興味深い島。
島の人々は人懐こくて皆さん親切。また行きたくなる島でした。

yogo

2015年2月 4日 (水)

マナーの良い地衣類の調査

地衣類の調査が終わりました。全行程には参加できなかったけど、かなり地衣類に親しみました。

調査はこのように行われました。
まず対象となる地衣類のいそうな場所に行きます。樹皮や岩の表面を見ながら地衣類を探します。

1423056503972.jpg

「これそうかな?」と思ったらルーペで確認。

1423056505662.jpg

ルーペで拡大すると粒々がありますね。
これが子器(しき)と言って地衣類の生殖器官です。地衣類の分類には子器の形態が欠かせません。

1423056506791.jpg

こんな線状の子器もあります。「モジゴケ」のなかまです。

1423056507797.jpg

そして特殊な道具で標本にする地衣類を採取します。

詳しい解析は切片を作って顕微鏡で観察するので、また後日のこととなります。日本未記録や新種発見!があるといいなと思っています。

とても感心したのは、ものすごく樹や環境や景観に気を遣っていたことです。
学術調査なので、もちろん関係機関に正式な許可を得ています。許可を得たエリアを厳密に守り、登山道など人が利用する所では目につかない場所で採取します。枯れ木があったら枯れ木から採取し、生きている樹から採取する場合は形成層に至らないよう気を付けて採取していました。それはもう、そこまで気にしなくても…と言いそうになるくらい。

そして採取しているときの会話がおもしろい。

「うわ、○×△ありました!」
「わ~!、私これ探しに来たんですよ~」
「あれ?ここ○×△だらけですね」
「西表島凄いですね~!」

いろいろな専門家が西表島に調査に見えますが、皆さん「西表島は凄い」とおっしゃられます。
南に行くと多様性が増えることは自明なのですが、現場で実際に見るとやはり圧倒されるようですね。
熱帯性のものが多く、西表島が凄いというより、日本が凄いですね。こんな狭い国土に多様な生態系が存在して。改めて感心します。

次回は実際に観察した地衣類を少し紹介したいと思います。

yogo


2014年11月29日 (土)

恐竜がやって来た!

1417258432410.jpg

沖縄県立博物館・美術館の移動展が西表島にやって来ました。
目玉はサウロロフスの全身骨格(レプリカ)
高さ5mもあり、間近に見ると迫力あります。
その他、世界の化石、鉱物、生き物。沖縄の生き物、歴史、美術、民俗など多岐にわたる展示や映像。多岐に渡って充実しています。

1417258434274.jpg

西表島沖に浮かぶ新城島には中世以来の石積集落が良好な状態で保存されていることや古墳があることなどは初めて知りました。

1417258440201.jpg

小学生たちはクイズに熱心に挑戦していました。

1417258447125.jpg

普段鑑賞することのできない展示物に大人も子どもも楽しみました。

yogo

2014年7月 1日 (火)

特別展「骨から見るウミガメ」

1404208272593.jpg

7月30日まで西表島の野生生物保護センターにて開催中。

1404208274638.jpg

1404208276673.jpg

ウミガメは一度にたくさんの卵を同じ穴に産みますが、全部がいっぺんに孵る訳ではないんですよね。では先に孵った仔ガメから先に出て行くかというとそうではないのですって。後から孵った兄弟たちと力を合わせて外に出るそうです。しかも夜を待って。

なるほど~と感心することの多いウミガメの生態。ツアーのコースによっては途中で立ち寄ることもできますのでリクエストしてくださいね。

yogo

2014年6月23日 (月)

慰霊の日とビークリーン

1403498666169.jpg


6月23日は沖縄戦の戦没者の霊を慰めて平和を祈る「慰霊の日」です。
西表島も戦争により多くの命が失われました。写真は西表島の南海岸に立つ「忘勿石の碑」です。
軍命により波照間島から強制移住させられた人たちがこのあたりで生活していました。空襲を逃れるために、夜に船を漕いで渡って来たと言います。
しかしそこはマラリアの巣窟。次々とマラリアにかかって亡くなりました。16人家族で生き残ったのは一人だけという例もあったそうです。
そのようなことを忘れないようにということで、故郷の波照間島を望むように碑が立てられました。
マラリアで命を落とした人がとても多いのが八重山の戦争です。


慰霊の日を前にビークリーンが行われました。

1403498668787.jpg

とても暑い日だったのですが、子供会の子供たちも頑張って、碑の回りの海岸をきれいにしました。

こんなにたくさん!

1403498671243.jpg


みなさんお疲れさまでした。

1403498675306.jpg


慰霊の日の本日は正午にサイレンが鳴り、黙祷を捧げました。

yogo


2014年2月 3日 (月)

明日出発します

初めての南米、憧れのガラパゴス諸島に向けて、明日出発します。

今回はスマホからブログを更新する予定ですが、更新されていない場合は、電波状況が悪いか、私がスマホを使えてないかだと思ってください(汗)

ある方からマイナーな場所の情報収集どうしてるの?と質問がありましたので紹介します。(たいしたことではないですが)

今回のエクアドルは事前情報ゼロの国でした。ガラパゴス諸島に行こうと思ってから、ガラパゴス諸島ってエクアドルなんだと認識したくらいですから。

世界一背の高いマングローブがエクアドルにある、ということは何かで知っていたので、エクアドルに行くなら是非と思いました。

さて、情報ゼロからのリサーチはまずはグークルマップ見ることから。
国立公園や保護区は緑色になっているので、リサーチするべきポイントが絞れます。

次に検索で旅行代理店のオプショナルツアー、個人の旅行記などを見ます。これはほとんどが一般的な旅行ですが、アウトラインをつかめます。

その国の旅行のアウトラインが何となく分かった所で英語サイトを調べ始めます。すると一気に情報量がアップ。知らない地名がどんどん出てくるので、グークルマップやグークルアース見ながら知りたい情報に近づきます。

今回の世界一背の高いマングローブはそれでもよくわからなかったので、レポートをWebに公開した日本人にメールで問合せもしました。

英語サイトを探していると、目的地に行くツアーも見つかりますが、まだ申し込みません。高いんです。現地に行くとたいていその場で安くツアーに申し込めるので、当たりだけつけておきます。宿も同時に調べているわけですが、宿がツアーを手配してくれることも多いのでチェックしておきます。

後は行ってからです。
何とかなるかならないかは、今後のブログでお確かめください(笑)

海外の個人旅行を計画される方には英語サイトも見ることをお勧めします。情報量が全く違います。いかに日本人が限られた場所にしか行かないかが分かります。
更に同じツアーで英語サイトと日本語サイトで料金が違うことも!昨年調べたタイ旅行の例ですが、最初に英語サイト見つけて日本語も選べるようになっていたのでクリックしたら、料金が高い!別に日本語ガイドが付く訳じゃなくて、同じ内容だし英語ガイドなんですよ。日本人価格ってことなんですね。

明日のこの時間は成田空港でチェックインが終わって搭乗を待っているはず。安全には気を付けて行ってきたいと思います。

yogo

2014年1月20日 (月)

ヤンバルクイナに会えるかな?

山原の森の散策をした次の日は、早朝暗いうちに出発してヤンバルクイナを見に行きました。
案内してくださるのは、山原で生まれ育ち山原の生き物を愛してやまないガイドのハマちゃん。ヤンバルクイナの生態を知り尽くしていて、100%近い確率で出会えると聞いてワクワク。

暗いので写真はありませんが、羽がなくて飛べないヤンバルクイナは、夜は樹に登って天敵から身を守ります。
いつもの観察ポイントに着いてライトで照らすと…

いました。

特徴のある島々の身体に赤い嘴。
まだ寝ているようです。

車から降りてしまうと逃げられるので車から観察します。ということは、道端で見れてしまうんですね。

「環境省は1700羽って発表してるけど、本当はもっといると思うよ」
確かにこの密度では納得するしかありません。

白々と明けてくると動きがありました。樹から地面に降りてくるのです。斜めになっている所はずりずり降りて来れますが、垂直の所はほぼ落下(笑)様子が可笑しくてふたりでクスクス笑いながら観察。

1390212266012.jpg


こんな樹にとまって寝てます。

1390212257523.jpg


樹から降りて道を渡るヤンバルクイナ。


1390212246652.jpg


スマホではこれが限界。

雄と雌の行動の違いなど説明してもらいながら(ヤンバルクイナは亭主関白なんだそうです)またしてもクスクス笑いながらの観察。

ハマちゃんの写真を撮り忘れましたが、生き物好きがあふれているガイドさんでした。

昨日からお世話になった「きじむなあ」さん。

今回は森を案内してもらいましたが、本当は海も得意です。
山原へお越しのさいは、是非ともお立ち寄りください。

短い時間でしたが、きじむなあさんのおかげで充実した滞在となりました。どうもありがとうございました!

yogo

2014年1月19日 (日)

山原に行った話

そういえば、昨年、山原に行った話が終わっていませんでした。

天気が悪くてあまり写真がないので放置してしまいましたが、一応報告しますね。


1390109713015.jpg

1390109720972.jpg

1390109725926.jpg
 
ぱっと見、西表と変わらないような感じです。同じような常緑樹。樹冠が丸っこいので、ブロッコリーみたいに見えるのも一緒。森に入ってみると、西表よりも蔓植物が少ないように見えました。


1390109742909.jpg


マングースを捕獲する罠。
人間の都合で持って来られたのに、ヤンバルクイナなど稀少生物の天敵として駆除の対象となってしまってます。

1390109731880.jpg

大きな樹は里にありました。
ご先祖様の御神木として残された森。


1390109737240.jpg

雨だから道路にお散歩に来ていた「シリケンイモリ」
西表にはイモリやサンショウウオがいないので、会えて嬉しい♪

本当に冷たい雨の日で、いつもいるような生き物もほとんど見られませんでした。でもガイドさんに説明してもらいながら歩くのは楽しいですね。悪条件でも楽しんでもらえるガイドってとても難しいことですが、精進したいところです。

翌朝はヤンバルクイナを見に行くツアーです。

yogo


    


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ