旅行・地域

2016年3月16日 (水)

湧水の川で魚と泳ぐ&オウムの棲む森

ブラジル旅行の続きです。

Sscn0466

パンタナールも素晴らしい所でしたが、その周辺にもとても素敵な水辺がありました。

私の行ったパンタナールの北端は、マットグロッソ州の州都クイアバから南に120kmほどの場所でしたが、その素敵な水辺のある「Bom Jardim」(美しい庭という意味です)はクイアバから北に140kmです。

お世話になったガイドさんのブログで初めて見て、行き方を調べたのですが、バスも通っていない村のため、結局そのガイドさんにツアーをお願いしました。

Sscn0486

街から離れて村に近づくと赤土の道になっていきます。

途中までの道も昨年舗装したばかりで、ブラジル人にとっても新しい穴場の観光地なのだそうです。

Sscn0488

施設に着いて受付を済ませた後、こんなトラックで川まで移動します。

まずは大きな淵でシュノーケリング。

Sscn0472

Sscn0489

Sscn0467

湧水なのでものすごい透明度です。

Sscn0468

水底にプレコ発見!

私の好きな系の魚です。幸せです。

次は川を1kmほどフローティングします。

Sscn0469

西表島にもありそうな風景ですね。

でも水中は全然違います。

Sscn0470

Sscn0471

こちらは翌日行った別の川。

Sscn0480

水草がこんなに美しいなんて。

Sscn0481

こちらの川では「黄金の魚」と言われている大型の「トラド」も見ることができました。

(一瞬だったので撮れませんでした)

日本にももちろん湧水はあるのですが、泳げる規模のものは聞いたことがありません。

はるばる地球の裏側まで来た甲斐がありました。

Sscn0478

こんな滝にも魚がいっぱい。

Sscn0473

竹竿の先にバナナを付けるとジャンプして食べに来ます。

なのでこの付近に大きな魚が集まっているのですが、私の好きなのはこういう場所。

Sscn0479

良い感じの瀬になっています。

Sscn0475_2

いたいた!プレコちゃん。

Sscn0477

これもかわいかった。

石の下から出たり入ったり。

カメラを寄せるとすぐに隠れてしまうので撮るのが難しかったです。

深い所に大きな魚がたくさんいるのに浅瀬で伏している私にガイドさんは

「余語さん。何やってるの?こっちに魚たくさんいるよ」

でも、私はこれが幸せなのです。

Bom Jardimにいた2泊3日は魚三昧でした。

もちろん食する方にも魚。

Dscf2749

泊まった宿の近所でいただいた炭火焼の魚。

ふっくらと焼きあがっていて、これがブラジルで一番おいしかった食べ物です。

Bom Jardimは魚もすごかったのですが鳥も素晴らしいスポットがありました。

オウムの棲む森です。

Dscf2742

沼のような所にヤシの木が群生しています。

ここがオウムたちのねぐらなのです。

Dscf2743

夕暮れが近づくとあちらこちらからオウムの群れがやってきます。

小型のオウムから大型たのオウムまで10種類くらいいるそうです。

ここでじっとオウムの来るのを待ちます。

Dscf2747

夕陽に照らされて色づくオウム。

Dscf2751

後から後からやってきて見飽きることがありません。

Dscf2752

Dscf2750

写真は撮れませんでしたが、オウム以外にもたくさんの野鳥がいます。

ミサゴノスリという魚を食べる猛禽。キツツキ。カワセミはだいぶする姿を見せてくれました。

ゆったりまったりの、のんびりバードウォッチング。時が経つのをを忘れてしまいます。

Dscf2748

静かに暮れてゆきます。

Dscf2745

素晴らしいパンタナール湿原とBom Jardimをガイドしてくださったのは、パンタナール唯一の日本人ガイド、湯川宜孝さん。

Dscf2753_3

車内で隠し撮りした写真しかなくてすみません。

(このジープで走り回ってくださいました)

本業は映像コーディネーターで写真家でもあります。

日本のテレビ局の作成するパンタナールの番組はずべて湯川さんが手がけています。

たまたま撮影のスケジュールと被らず、またオフシーズンだったためプライベートガイドを引き受けてくださいました。

こんな素晴らしい方にガイドしていただけたおかげで満足度120%の旅となりました。

改めて感謝いたします。

ブラジル旅行記はまだまだ続きます。

yogo

※ブラジルの清流シュノーケリングは南パンタナール近郊の「ボニート」が有名で、Bom Jardim よりも規模が大きく、より整備されているようです。今回私は湯川さんに会いたいがために、北パンタナールへ行きました。

 

2016年3月15日 (火)

パンタナール湿原の自然を満喫してきました

帰国してずいぶん日にちが過ぎてしまいましたが、ブラジルの自然を満喫してきたので紹介いたします。

ブラジルに行きたかった一番の目的地が、雨期になると本州ほどの湿原の広がる「パンタナール湿原」

1kmあたり1~2cmの傾斜しかないため、降った雨が川から氾濫して大湿原を形成します。

Sscn0452

Sscn0453

Dscf2723

私が行ったちょうど1週間前に大雨が降ったそうで、氾濫湿原が形成されたばかりでした。

これがあと1週間もすると草が伸びてきて水面が草に覆われてしまうそうです。

おかげで一番見たかった景色を眺めることができました。

パンタナールは野生動物の宝庫。一番たくさん見られる時期からは外れていましたが、それでもたくさん見ることができました。特に野鳥は驚くほど多かったです。

Dscf2734_2

パンタナールの象徴と言われている「ズグロアゲコウ」

人間と間違えるくらい大きな鳥です。

Dscf2735_2

「ナンベイアオサギ」

日本にいるアオサギより二回りほど大きくがっちりしています。

まわりにいるのは「アメリカレンカク」

これは湿原のいたるところにいました。

Dscf2732

ヤマセミの仲間は4種類いるそうです。

Dscf2738

「ベニヘラサギ」

この時期にいることは大変珍しく、群れからはぐれたのかもしれないとのこと。

Dscf2722

こちらもパンタナールを代表する鳥。

「スミレコンゴウインコ」の夫婦。

絶滅危惧種の貴重な鳥です。

Dscf2739_2

その「スミレコンゴウインコ」が食べた後の「アクリヤシ」の実の断面。

あの立派なくちばしで堅い実をサクッとやってますね。

鳥はまだまだいろいろいて、野鳥好きには天国のような所でした。

哺乳類はほとんど夜行性なのですが、優秀なガイドさんのおかげで、これだけ見ることができました。

Dscf2737

「フタオマキザル」

Dscf2729

もちろん「カピバラ」さん♪

Dscf2731

泳いでいるところも。

写真にはおさめられませんでしたが、そのほか「シルバーマーモセット」「アルマジロ」「カニクイイヌ」「アカハナグマ」も。見たかった「コアリクイは残念なことに車に轢かれていました。

Dscf2741

「アルマジロ」の巣。

(ちなみにパンタナールをサンダルで歩いた日本人観光客は初めてと言われました。刺す蟻とかいるので普通は靴を履きますよ。ガイドさんも私がネイチャーガイドなので目をつっぶったそうです。)

Dscf2740

「ピューマ」の足跡。

今書いていてもすごいものを見てきたなあと思いますが、何とガイドさんが湿原をシュノーケリングさせてくれました。

Sscn0462

こんな湿原を!

Sscn0463

ワニがいるのに(笑)

Sscn0464

「さっきあそこワニ泳いでたよな~」と言いながら水に入ります。

すると~

本当にさっきのワニの尻尾が見えてきました。

「ワニです!」

興奮気味にガイドさんに報告する私。

安心してください。このワニは「メガネカイマン」というワニで、魚食性のため人を襲いません。

ワニがずっと動かないのでワニの横に回って撮った写真。

Sscn0448

ワニと握手できるくらい近づいています。

陸上ではいくらそっと近づいても逃げてしまうのに水中では逃げません。

これにはガイドさんも大喜び。

多分ワニの隣まで来て水中写真を撮った初めての観光客?

撮るだけでなく触ってくればよかったと若干の後悔・・・

Sscn0461

水中はまさに熱帯魚の水槽でした。

Sscn0465

この魚は後日本当に水槽の中にいるのを見ました。

Sscn0457

一番興奮したのがこの魚。

写真にはおさめられなかったのですが、口内保育をしているところで

口からピロピロって、仔魚が出たり入ったりしていました。

またまた「マウスフィーダー!」と興奮してガイドに報告する私。

Sscn0460

これもかわいかったな~

(ひげがあって川底に這いつくばっているような魚が好きなのです・・・)

いつかは行きたい、老後の楽しみにでもと思っていたパンタナールでしたが、アクティブに動ける今のうちに行っておいて良かったと思いました。

パンタナールの周辺部、さらに沿岸部のマングローブ林まで行ってきたので続けて紹介したいと思います。

つづく

yogo

2016年2月 2日 (火)

ブラジルへ行ってきます

1454372590482.jpg

(画像はお借りしています)


明日からブラジルへ行って来ます。
最初の目的地は世界一の氾濫湿原「パンタナール」です。本州と同じ位の湿原で、雨期には80%が水没し、地球上で最も水量の多い平原と言われます。その雨期のはじまりに訪れます。
本当は動物や鳥を見るには、水の引いた乾期がベストシーズンなのですが、カピバラなどは雨期でも普通に見られるとのこと。楽しみにしています。

あまりに広大な土地なので、鳥や動物の撮影は望遠レンズ必須。ですが、今回は写真におさめることよりも、目で見て観察することを大事にしたいので、カメラよりも双眼鏡を選びました。なので写真は雰囲気をお伝えする程度になると思います。

パンタナールの他は、山や洞窟、川遊び、大西洋岸のマングローブも見てきます。ブラジルにもとんとんみーはいるのでしょうか?

時差が12時間あることと、いつもWifi の環境があるとは限らないので、メールのお返事が遅れてしまうかもしれません。申し訳ありません。
2月中のツアーにつきましては、姉妹店「やまねこキッズ」「ちゅらねしあ」へお問い合わせいただければと思います。
やまねこキッズ
http://www.churanesia.jp/kids/index.html
ちゅらねしあ
http://www.churanesia.jp

どうぞよろしくお願いいたします。
yogo

2014年3月27日 (木)

ミンドで出会ったもの

帰国して一月も経つのにブログが完結していませんでした。

エクアドルのミンドの続きです。

野鳥の楽園ミンドにいるのに、山では野鳥を見ることができませんでした。森が繁りすぎて声は聞こえても姿をとらえることができないからです。

その代わり「もしかして見れたらいいな」と思っていた昆虫に会えました。
それは牧場の脇の何でもない道。

1395922209923.jpg

葉っぱちぎって運ぶ「ハキリアリ」
葉っぱの行列です。

1395922212942.jpg

顎でしっかり挟んで運んでいます。

1395922215105.jpg

運ぶつもりだったのに、葉っぱと一緒に運ばれてしまう蟻。

1395922217955.jpg

運ぶ係の他に警備係もいるはず。この大きい蟻がそうかな?

全く拍子抜けするくらい簡単に出会えてしまいました。


花もたくさん咲いていました。

1395922221161.jpg

1395922224344.jpg

1395922226902.jpg

1395922229648.jpg

見慣れない花も面白いけど、見慣れた花があってもテンション上がります(笑)

1395922231314.jpg

1395922234385.jpg

西表島に帰化した植物のなかには南米原産もあるので、やはり似た花もありました。

1395922236777.jpg

1395922238552.jpg

そんなミンドの森でした。

宿は快適だし、街はこじんまりしてお洒落なカフェもあり、ミンドではのんびりしてしまいました。

yogo

2014年3月13日 (木)

エクアドルのハチドリたち

すでに帰国していますが、ブログはエクアドルの続きです。

野鳥の楽園といわれるミンドで、素敵な宿に泊まりました。


1394691162611.jpg

こんな素敵なお庭を見ながら寛げるんです。


1394691164324.jpg

庭にはハチドリ用の餌台があったり、バナナを食べに来る野鳥がいたり、いながらにしてバードウォッチングができてしまいます。


1394691167661.jpg

ハチドリは何種類もいました。


1394691174642.jpg

どれも素敵な衣装を身にまとっていて妖精のよう。

1394691172388.jpg

衣装も素敵ですが、ホバリングして前後左右自在に動く飛び方も凄いです。一秒間に50回から80回も羽ばたいているそうです。


1394691184230.jpg

いつまででも見ていられます。


1394691169727.jpg

しっぽの白い羽を鮮やかに開くハチドリはお気に入り。静止画ではわからなですが、羽の使い方が見事だなって感心しました。


1394691177257.jpg

写真撮れなかったけど、こんなしっぽのハチドリもいましたよ。やはり雄の方が派手なんですね。

ハチドリの大きさは10cm前後。卵は大豆くらいの大きさだそうです。
蜜だけでよく成長できるな…思ったら、雛は蛋白源として昆虫を与えられるそうです。


1394691179585.jpg

最後の日にはバナナを食べに来たオオハシも見れました。


1394691182101.jpg

遠くてよく写ってないのでポスターを撮影。

専門ガイドのバードウォッチングツアーがわざわざ立ち寄っていくほど鳥が充実した宿でした。

次もミンドの話題をお届けします。

yogo

2014年2月25日 (火)

エクアドル、ミンドのCloud Forest

ガラパゴスからグアヤキルに戻ったそ の足で夜行バスに乗って着いたのは野 鳥の楽園と言われるミンド。 赤道直下にありながら、標高1700mの ミンドは涼しい気候。ここの森は雲霧 林(Cloud Forest)と言われる湿度に富ん だ森。独特の植生に覆われています。

雨の中トレッキングに出発しました。 入口で6$支払い(私有地っぽい)、簡単な 地図をもらうのだけど距離感が全く分 からない…


1393302689537.jpg


最初は牧場の脇のこんな道。


1393302696493.jpg


クワズイモの蔓性バージョン。


1393302703975.jpg


「なるほど、これがCloud Forest か」 なんて思ってたら…


1393302709698.jpg


まだ「道」だって (笑)


1393302716744.jpg


トレイルに入ると本当に「Cloud Forest 」という感じに なってきました。


1393302723022.jpg

1393302754839.jpg

着生植物が凄いことになってます。


1393302729382.jpg


こんな小川があるなら、金魚網を持っ て来るんだった!

と、余裕でいられたのも前半まで。雨 でぬかるんだトレイルは踏ん張りが効 かず、下り坂で転んで泥だらけ。ここ からしばらく写真がありません(笑)

どこまで行ったら折り返しか不安にな りながら進むと…


1393302736023.jpg


やっと現れた看板。

ぐるっと牧場に戻るまで、結局5時間か かりました。


1393302743436.jpg


西表島の森とも屋久島の森とも違うエ クアドルのCloud Forest 。しっとりと 濡れた森は美しく、むしろ雨で良かっ たかも。


1393302749277.jpg


誰にも会わず、ひとりで森と対話した 時間は、この旅一番の印象深い時間で した。

yogo

2014年2月24日 (月)

ガラパゴス諸島に行ってみて思ったこと

1393208518271.jpg

生き物好きなら一生に一度は行きたい と思うであろうガラパゴス諸島。とて も手の届かないものと思ったらいたら 自由旅行という方法があることを知り ました。

これは寿司に例えると、銀座の一流の 寿司屋には行けないけど、回転寿司な ら行けた!という世界です。 一流の寿司屋(豪華クルーズ船)はいいネタが揃っているのはわかってますが、回転寿司でもそれなり に楽しめますよね。 私みたいにアシカとペンギンを何度も お代わりしたり、変な生き物を見つけるのは自由旅行に限ります。(お金も時 間もあったら両方するといいのだけ ど…)


1393208525762.jpg

1393208532741.jpg


今までの旅行の中ではもちろん一番奮 発しています。

しかし体力あるほうが楽しめるので、老後の楽しみにし なくて良かったと思いました。

ガラパゴス諸島はやはり「他にはない所」でした。


1393208544895.jpg


島の成り立ち、海流、限られた生き物 しか住めなかった環境。逆にこのこと が移入種の影響に弱かったり。一度は 危機遺産に指定されてからのリベン ジ。現在も続く移入種との戦い。 世界にこんな所があるんだ、というのは新鮮な驚きでした。

とても厳しい管理のもとで環境を守っ ているところは西表島にはない仕組み です。島の3%しか自由に立ち入ること ができません。サンプルの持ち出しな どは研究者でも手続きを取らなくてはいけません。移民は厳しく制限され、 簡単に移住できません。ガイドは3クラ スあり、上級は語学も専門知識も高度 なレベルが要求されます。 単純には比較できないけど、西表島が 世界遺産になるには、まだまだ越える 壁がたくさんあると感じました。

治安は良く、観光地として整備されて いるので困ることがあまりありませ ん。日本から遠いことを除けば(それが 最大のネックですが)安心して楽しめる、とても良い観光地です。


1393208538111.jpg


「他にはない所」は西表島や日本そのものにも当てはまります。 これからも西表島の魅力や日本の素晴 らしさを、お客様と一緒に実感してい きたいと思います。

ガラパゴス諸島の次は、野鳥の楽園ミ ンドです。ここでも素晴らしい自然体 験ができました。

yogo

2014年2月22日 (土)

ガラパゴス諸島で出会った鳥たち

ガラパゴス諸島では、アオアシカツオドリやペンギンなどのスター級の鳥の他にもいろいろな鳥に出会いました。


1393005398935.jpg


ガラパゴスと言ったらダーウィンフィンチなのですが、もうスズメ並にいます。そしてスズメよりも逃げない。


1393005403319.jpg


次にたくさんいたのがペリカン。海にはもちろん魚市場にもやって来ます。


1393005408736.jpg


波打ち際に小魚の群れがいたので狙ってました。


1393005413805.jpg


なんと嘴を横向けにダイブ。
さっきの場所から2m位飛んで、嘴からダイブしてました。立ったまま嘴を突っ込むんじゃないんですね。


1393005418488.jpg


謎の形で止まっていたペリカン。何をしたいのでしょうか?


1393005422604.jpg


アカメカモメ。
海岸には大きなアブがいて刺してくるので叩くのだけど、気が付いたら叩かれて海に落ちたアブをカモメが食べてました。ガラパゴスはもちろん餌やり禁止だけど、これはセーフですよね?


1393005426904.jpg


ダイシャクシギ的な。
波の引いた砂に盛んに嘴を突っ込んでいます。ちょっと掘ってみたけど生き物の気配なし。それでもゴカイとかいるのでしょうか?


1393005431302.jpg

1393005440469.jpg


サギ類はたくさんいました。

全体的に警戒心が薄くて近くで観察できるのが良かったです。長年天敵がいないとこうものんびりになるのですね。


1393005449131.jpg


街外れにはフラミンゴもいましたよ。

ガラパゴスの話題もあと少しです。
現在、野鳥の楽園ミンドを堪能してます。

yogo

2014年2月21日 (金)

ガラパゴスゾウガメ

ガラパゴス諸島でガラパゴスゾウガメ は外せませんよね。 今回は野生のゾウガメのいる所へは行 かなかったので、施設を訪れてゾウガ メに会ってきました。

島ごとに食べてる餌の違いで甲の形が 違うのがガラパゴスゾウガメの特徴で す。


1392948551981.jpg


このゾウガメは草の少ない島に棲んで いて、高い場所にあるサボテンを食べ るので、首が高く上げられるような甲 の形になっています。(鞍型)


1392948603768.jpg


ガラパゴスゾウガメ界の超有名人のロ ンサムジョージも鞍型です。

※ロンサムジョージ ガラパゴスゾウガメが絶滅したとされ たピンタ島に生 息していたピンタゾウ ガメの最後の生き 残りだった1頭の愛 称。サンタクルス島のチャールズ・ ダーウィン研 究所で保護飼育されて繁 殖も試みられていたが、2012年に死 亡。


1392948560843.jpg

こちらは草を食べるので首を上にやる必要がない種類。ドーム型といいます。


ピンタ島以外の島のゾウガメもまた移入種の影響 で絶滅の危機に瀕しました。ヤギが草 を食べてしまったり、甲羅の柔らかい 仔ガメがネズミに食べりたり。


1392948595746.jpg


イザベラ島にあるゾウガメ繁殖セン ターでは、ゾウガメの卵を保護し、人 口孵化させて甲羅が固くなるまで飼育 し、もといた場所に戻します。


1392948571920.jpg

1392948579183.jpg


こうやって1匹1匹番号を付けて健康管 理しながら育ててます。

赤ちゃんガメ


1392948587573.jpg


産みつけられてすぐに移動すると孵化 率が低いので、覆いを作って保護し、 一定経ってから掘り出したり、温度に よって雄と雌の割合が変わるので、若 干雌が多くなるように温度管理した り、長年の苦労の積み重ねのうえ、ゾ ウガメ絶滅の危機を救っています。


次は、ガラパゴス諸島で会った鳥たちを紹介します。

yogo

2014年2月18日 (火)

ガラパゴス諸島といえば、イグアナですね

ウミイグアナたちは今が恋の季節。


1392694363546.jpg


ビーチの一部はイグアナの営巣地のた め立ち入り禁止になっていました。


1392694367685.jpg


たくさんのイグアナが巣を作っていま す。

面白い行動を目撃しました。


1392694372753.jpg


お互いのしっぽをかじりながらクルク ル回る2匹。 子犬ならかわいいところですが…

クルクルが終わったと思ったら、頭を 付き合わせて押し合ってます。その頭 は小刻みに揺れてます。


1392694377456.jpg

1392694382054.jpg

1392694386446.jpg

1392694391208.jpg

1392694395939.jpg


勝負がついたようです。分かりやすい (笑)

これは縄張りを巡るオス同士の戦いな んだそです。縄張りって…遊歩道の脇で いいんでしょうか?

このほかに、鼻腔から潮をブッて吹き
出すイグアナも見かけましたが、これ も威嚇だそうです。

イグアナも恋の季節は忙しい。


1392694403816.jpg


おまけは、遊泳を監視するウミイグア ナ(笑)

Yogo

無料ブログはココログ