« カゲロウが羽化しました | トップページ | 渡りの季節、5種類のサギを見てみよう »

2016年12月 1日 (木)

その他の水棲昆虫の紹介

今回、カゲロウの採取、観察の時に一緒に見つかった水棲昆虫を紹介します。

虫だらけなので好きではない人は見ないほうがいいかもしれません(笑)

まずはカワゲラとトビケラ。
カワゲラもトビケラもたくさんの種類がありますが、わからないので単にカワゲラとトビケラとしています。

Dscn00312

カワゲラの幼虫もカゲロウの幼虫と同じように石をひっくり返すと付いています。

Dscn00212

トビケラの幼虫は巣を作ってその中にいることが多いです。

石をひっくり返したときに、小石や砂が固まっていたらその中にいるのを見つけることがあります。小石をちょっとどかしてみました。中に横たわっているのがトビケラの幼虫です。

Dscn00132

トビケラの幼虫はだいたいこんなイモムシ状の形をしていて、体から出す糸で小石や砂を固めています。

巣の形は様々で、砂をうまく筒状にしてしまうものもいます。知らなかったら中に虫がいるとは思えません。以前、葉っぱで巣を作る「コバントビケラ」の紹介をしたこともありますが、今回は探す場所が違うので見つかりませんでした。石に巣を作るトビケラは巣は固定式ですが、筒状のものや葉っぱで作る巣は移動式です。

Dscn00422

こちらには蛹が入っていました。

小さな翅がもうできています。

腹部の緑色のところがぴくぴく動くのでけっこう不気味です。

Dscn97532

左がカワゲラの成虫で、右がトビケラの成虫です。

ただし、観察した幼虫の成虫とは限りません。別の種類かもしれません。

カワゲラの方はただ幼虫の体に翅を付けただけみたいでよく似ていますがね。

Dscn98972

脚がいっぱいあるように見えますが、前の3対だけが脚です。

ヘビトンボの幼虫。成虫の写真はありませんので興味のある方は検索してください。

トンボと名が付きますが、トンボとは別の生き物です。

こいつは肉食なので、同じ水槽に入れていたコカゲロウが食べられてしまいました。

Dscn99032

石に付いたこの丸いのも昆虫です。

ヒラタドロムシの幼虫。意外と速く動きます。何年か前に一度紹介しています。

ひっくり返すと3対の脚とたくさんの鰓が見えるのですが、けっこう気味悪いので写真は割愛(笑)

Dscn0001

あとはヤゴのなかまとか、写真に撮れなかったけどゲンゴロウのなかまとか...

調べたらもっともっと違う種類も見つかるはずですが、水棲昆虫、種類多すぎ!

ふだん、魚やエビを捕るために石をひっくり返すことは多いのですが

その石をもっと丁寧に見ていくと、こんなにも水棲昆虫が見つかるのに驚きました。

これだけ水棲昆虫が多かったら魚も多いはずですね!

カワゲラのように、きれいな川でないと棲息できない昆虫もたくさんいて、

西表島の自然の豊かさを改めて感じることができました。

yogo

« カゲロウが羽化しました | トップページ | 渡りの季節、5種類のサギを見てみよう »

生き物のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

無料ブログはココログ