2017年6月19日 (月)

小さな肉食獣、ヤゴを飼ってみました

先日ツアーでヤゴが捕れたので、もっとよく観察しようと後日同じ場所へ行って捕ってきました。

Dscf2903_4

イトトンボのヤゴと

Dscf2924_4

大型のヤゴは「タイワンコヤマトンボ」

親であるトンボは優秀なハンターとして有名ですが、幼虫のヤゴもまた然り。

しかも生きているものしか食べません。

さっそく与えてみたところ・・・

Dscf2943_2_2

顎でがっつり食いついています。

この写真ではわからないけれど、下顎が伸びて餌を捕まえます。

Dscf2927_3

タイワンコヤマトンボの方はちょっと目を離したらここまで食べ進んでいて、シッポしか見えない状態へ。この写真では大きな下顎が確認できます。

Dscf2931

食べ終わりました。

吞み込んだ後に下顎を何回か開閉します。

ヤゴはただ命をつなぐ営みをしているだけなのに、見た目が「悪」なので不気味です。

その後タイワンコヤマトンボの水槽には、ヤゴ、エビ、小魚など入れて飼育しましたが

エビと小魚は無傷です。

ヤゴが一番食いつく餌はヤゴでした。

Dscf2985_2

イトトンボのヤゴのアップ写真です。

しっかりと4枚の羽根ができているのがわかりますか?

大人への階段を登り始めています。

Dscf3008_2

ちびっこのヤゴと比べると違いがよくわかりますね。

こんなに立派な羽ができているのだから羽化直前だろうと連れてきたのですが

10日経っても羽化も脱皮もせず、ある朝亡くなってしまいました。

Dscf2955

ヤゴは何か入れておくと、それにつかまってぶら下がっていることが多かったです。

なんとなくリラックスしているように見えます。

このヤゴの生息地は木の根っこがもさもさしている場所なので、こうやって根っこにつかまっているのでしょう。

タイワンコヤマトンボの方はよく食べて元気でしたが、

元気なうちに元いた場所に帰してきました。

そのうち成虫が観察できるのを期待しています。

yogo

2017年6月 3日 (土)

ショウガ科の花

梅雨に入った八重山地方。

島のあちらこちらで月桃の花が咲いています。

Dscf2413

Dscf2414

Dscf2415

月桃はお茶になったり、餅を包んで蒸したり、沖縄の生活に身近な存在。

集落内にもたくさん生えています。

海岸林や林縁に、月桃とは違う形の花があります。

Dscf2416

Dscf2417

同じくショウガ科の「クマタケラン」です。

花や実が付かないと月桃と区別がつきません。

そして山には「アオノクマタケラン」

こちらは上の2種に比べると小ぶりです。

Sscn0819

西表島にはもう1種類「イリオモテクマタケラン」があります。

Dscf2900

かなり小さいです。

Dscf2901

代わった形の花だなあ・・・とよく観察すると、

雌蕊が雄蕊の葯二つに挟まれています。

他の花はどうだろう?アオノクマタケランをもう一度見てみると

Dscf2899

やはり雌蕊が雄蕊の葯に挟まれています。

月桃も同じでした。

詳しい図鑑を見てみたら、6つあった雄蕊の4つが退化し、2つがくっついたのだとか。

なぜに?

何気に見ていた時には気が付かなかった特徴でした。

いつも見ているものでも詳しく観察すると新たな発見があって面白いですね。

yogo

2017年6月 2日 (金)

たくさん捕まえたよ

本日のお客様は、生き物が大好きなご家族。

Sdscn2047

パドリングも楽しいけど・・・

Sdscn2050

やっぱり虫捕り網の方がいいかな?

Sdscn2053

カヌーしながら、たくさんカニを捕まえたよ。

Sdscn2061

カヌーの後もカニに夢中。

オキナワハクセンシオマネキとヒメシオマネキの雄と雌。

午後はテナガエビ捕りに挑戦。

Sdscn2073

 

家族総出で頑張りました。

Sdscn2072

しかし、今日はエビの方が上手。

網に入れることはできても、華麗に逃げられてしまいました。

このままでは帰れない~

Sdscn2083

ポイントを小物に絞って大量GET。

たくさんのエビとヤゴが2種類。

Sdscn2082

イトトンボのヤゴと

Sdscn2090

この大きいのは「タイワンコヤマトンボ」

Sdscn2088


自分で捕った大きなヤゴ。

カッコイイね。嬉しいね。

ご参加いただきましてありがとうございました。

yogo

2017年5月17日 (水)

地味だけど大事な存在「ゴカイ」

干潟の人気者は「ミナミコメツキガニ」

Sscn0818

たくさん群れている様子に大人も子どもも大喜びです。

Sscn0817

しかし、私が最近注目しているのがこちらです。

干潟の砂の上をよ~く見ると、砂の煙突のようなものが出ています。

Sscn0813

断面を見てみると、ストローのようになっています。

Rscn0814

気を付けて掘り出してみると・・・

Sscn0815

にょろにょろした赤い虫が出てきます。ゴカイの仲間です。

全貌・・・

Sscn0816

掘ると必ずいるとは限らず、掘り出せないことの方が多いので意外とはまります。

巣が意外と長くて、ゴカイがもっと深い所にいるのです。

干潟や海底にはたくさんの種類のゴカイが棲んでいます。

ゴカイの他にも穴を掘って棲む生き物は、たくさんいます。

干潟や海底の砂地にでこぼこがあったらゴカイなどが棲んでる証拠。

Sscn0823

Sscn0820

ゴカイなどの穴を掘って棲んでいる生き物たちはたいてい吸込み口と吐出し口があり

吸込み口がクレーターのようにへこんで、吐出し口が火山のように盛り上がります。

よ~く見ていると、水や砂が噴き出しているところも観察できますよ。

巣穴の中で水を循環させて餌を捕っているわけですが、この作用がとても大事。

干潟や海底の砂地に酸素を行きわたらせ、ヘドロ化をふせいでいるのです。

今の時期、干潟や海底でこのようなスライムみたいなものがたくさん見られます。

Sscn0827

これはゴカイの卵塊です。

無数の小さな卵が入っているんですよ。

ゴカイ自体も鳥や魚の餌として重要ですが、卵が孵ったプランクトンも重要な餌となります。

とっても地味な存在ですが、干潟の浄化をし、多くの命を支えているゴカイは重要な生き物です。

ゴカイに感謝!

yogo

2017年5月 6日 (土)

生き物たくさん捕まえたよ!

本日のツアーは何年も前から通ってくれているファミリーでした。

Dscn0424_2

お兄ちゃんは去年から一人乗りのカヤックを乗りこなしています♪

そして生き物大好きな皆さん、生き物探しも上手です。

Dscn0405
干潟を走り回り・・・

Dscn0410

ミナミコメツキガニ

Dscn0409

とんとんみー

Dscn0401

ミナミベニツケガニ

Dscn0415

クマドリオウギガニ

Sdscf2358

午後はエビ捕りポイントへ。

Skimg0089

エビ捕り職人奮闘中

Skimg0092

大漁です!

Skimg0084

サキシマヌマガエルも捕まえました♪

毎回生き物探しに熱中する皆さんです。

今回もご参加いただきありがとうございました!

yogo

2017年4月28日 (金)

野鳥観察ツアーに参加してきました

渡り鳥が渡って行ってしまう前に・・・と思い立って、野鳥の勉強をしに石垣島へ行ってきました。

石垣島シービーンズ」の小林さんに一日お世話になりました、

前にも参加させていただきましたが、小林さんの知識の豊富さに、今回も舌を巻いてきました。

カンムリワシ幼鳥。

Dscf2311_2

カンムリワシ雄と雌。(左が雄で右が雌)

雄雌の区別は私にはまだ難しいので、ひとりではわからなかったことです。

Dscf2310

アカショウビン。

小林さんはアカショウビンの住所録を持っているようです。

Dscf2315_2

リュウキュウアオバズク。

Dscf2319

シマアカモズ。

雄が2羽、というのは小林さんも初めて見たとか。

確かにいつも1羽です。

小林さん副音声「おまえ、いつ渡る?」

Dscf2318

ツバメチドリ。

「西表でも繁殖してると思うから探してみて」と言われて翌日探しました。

2羽いましたが、繁殖してるかは不明。

来年の課題です。

Dscf2327

コムクドリの中に1羽珍しい子ちゃん。

Dscf2316

右のが「シベリアムクドリ」だそうです。

羽の模様がちょっと違いますね。

わずかな違いに気づいてしまうのが流石です。

とても珍しい鳥なんだそうです。

Dscf2317

ムラサキサギ。

Dscf2321

アオサギ。

Dscf2329

チュウシャクシギ。

Dscf2322_2

キョウジョシギ.

Dscf2323

サルハマシギ夏羽。

シギの仲間はどれも似ているうえに夏羽と冬羽で違うなど

見分けるのが超難関!

なんで遠い所から「○○シギ!」とわかってしまうのだろう?

これも珍しいそうです。

Dscf2320

小林さんとパチリ。

小林さんのブログにはもっとすばらしい写真がたくさん載っています。

http://seabeans.net/9230/

Dscf2325

野鳥マニアにもマニアでない自然好きにもおすすめのツアーです。

小林さん、どうもありがとうございました!

yogo

2017年4月25日 (火)

渡りの季節、5種類のサギを見てみよう

Dscf0954

渡りの季節、島のあちこちでサギたちが群れています。

サギたちは違う種類のサギともよく混じって群れていることが多いです。

「あれ?なんか違うのがいるぞ」と思って車を停めました。

真ん中辺にいるのですが、わかりますか?

Dscf0958

クロツラヘラサギです。

東アジアにのみ生息する希少な鳥で、毎年国際的に生息数が調べられています。

私が見始めたころは1700羽と言われていましたが

今年の調査では3900羽くらい確認できています。

以前と比べると珍しくはなくなりましたが、出会えると嬉しい鳥です。

へら状のくちばしで餌を探す姿が愛らしい。

この個体は、くちばしの先がピンクがかって幼さを残しています。

Dscf09222

幼鳥は羽の先が黒いのですが、だいぶ色が抜けてきています。

そして、家に帰って写真をよ~く見たら・・・

Dscf0955

5種のサギが一羽ずつ一画面に入っているというミラクル!

左から、ダイサギ、クロツラヘラサギ、アマサギ、チュウサギ、コサギ。

大中小揃うのも珍しいのに、クロツラヘラサギまで入っているなんて!

真ん中のアマサギは冬の間は真っ白です。

オレンジ色に変わるのは、そろそろ繁殖地に向けて渡りますよというサイン。

Dscf09172

ダイサギとコサギ。

コサギの頭からペロンと出ている飾り羽も繁殖期に入るサインです。

Dscf0960

くちばしの色が違いますが全部チュウサギです。

冬の間はくちばしが黄色く、繁殖期に入ると黒くなっていきます。

左上のくちばしが真っ黒の個体は飾り羽もきれいに生えていますね。

チュウサギも西表島では繁殖していないので渡っていきます。

クロツラヘラサギ以外はいつも見る普通種ですが

こうして比較して観察してみると面白いし、見分けのポイントもわかってきます。

そして鳥の姿からも季節のうつろいを感じることができました。

鳥にありがとう!

yogo

2016年12月 1日 (木)

その他の水棲昆虫の紹介

今回、カゲロウの採取、観察の時に一緒に見つかった水棲昆虫を紹介します。

虫だらけなので好きではない人は見ないほうがいいかもしれません(笑)

まずはカワゲラとトビケラ。
カワゲラもトビケラもたくさんの種類がありますが、わからないので単にカワゲラとトビケラとしています。

Dscn00312

カワゲラの幼虫もカゲロウの幼虫と同じように石をひっくり返すと付いています。

Dscn00212

トビケラの幼虫は巣を作ってその中にいることが多いです。

石をひっくり返したときに、小石や砂が固まっていたらその中にいるのを見つけることがあります。小石をちょっとどかしてみました。中に横たわっているのがトビケラの幼虫です。

Dscn00132

トビケラの幼虫はだいたいこんなイモムシ状の形をしていて、体から出す糸で小石や砂を固めています。

巣の形は様々で、砂をうまく筒状にしてしまうものもいます。知らなかったら中に虫がいるとは思えません。以前、葉っぱで巣を作る「コバントビケラ」の紹介をしたこともありますが、今回は探す場所が違うので見つかりませんでした。石に巣を作るトビケラは巣は固定式ですが、筒状のものや葉っぱで作る巣は移動式です。

Dscn00422

こちらには蛹が入っていました。

小さな翅がもうできています。

腹部の緑色のところがぴくぴく動くのでけっこう不気味です。

Dscn97532

左がカワゲラの成虫で、右がトビケラの成虫です。

ただし、観察した幼虫の成虫とは限りません。別の種類かもしれません。

カワゲラの方はただ幼虫の体に翅を付けただけみたいでよく似ていますがね。

Dscn98972

脚がいっぱいあるように見えますが、前の3対だけが脚です。

ヘビトンボの幼虫。成虫の写真はありませんので興味のある方は検索してください。

トンボと名が付きますが、トンボとは別の生き物です。

こいつは肉食なので、同じ水槽に入れていたコカゲロウが食べられてしまいました。

Dscn99032

石に付いたこの丸いのも昆虫です。

ヒラタドロムシの幼虫。意外と速く動きます。何年か前に一度紹介しています。

ひっくり返すと3対の脚とたくさんの鰓が見えるのですが、けっこう気味悪いので写真は割愛(笑)

Dscn0001

あとはヤゴのなかまとか、写真に撮れなかったけどゲンゴロウのなかまとか...

調べたらもっともっと違う種類も見つかるはずですが、水棲昆虫、種類多すぎ!

ふだん、魚やエビを捕るために石をひっくり返すことは多いのですが

その石をもっと丁寧に見ていくと、こんなにも水棲昆虫が見つかるのに驚きました。

これだけ水棲昆虫が多かったら魚も多いはずですね!

カワゲラのように、きれいな川でないと棲息できない昆虫もたくさんいて、

西表島の自然の豊かさを改めて感じることができました。

yogo

2016年11月30日 (水)

カゲロウが羽化しました

カゲロウ観察の続きです。

ひとつ前のブログをお読みいただいた方がわかりやすいです。

さて、脱皮してから二日後、カゲロウはどうなっているでしょうか。

Dscf01602

色が濃くなっています。
しっぽは長くなって良かったのですが、脚が1本欠けてしまいました。
翅の模様は確かに脱皮する前よりはっきりしています。

Dscf01632

コカゲロウの方も翅の模様がはっきりしてきました。
脱皮から3日後、知らないうちにコカゲロウは羽化していました!

Dscf01722

脱皮殻です。
コカゲロウは大人になってもとても小さくて、大きめの蚊くらいしかないので探せませんでした。
そして、脱皮から5日目。

Dscf01792

翅の模様がずいぶんはっきりしています。

これは今日の夕方にでも羽化するのかな?

Dscf01832

横から見ると翅の部分が浮いて見えますね。

翅の模様というより、翅の原型ができているという感じなのでしょうか?

この写真を撮ったのが夕方5時。

それからケースに入っている幼虫を期待しながらけっこう頻繁に観察していたのですが、

夕食をとっている間に、なんと羽化が終わっていました!

脱皮もスピーディだったけど、羽化も速いんですね!

見逃してしまってとても残念です。

Dscf03112

脱皮殻です。この中からこれが出てくるなんて不思議ですね。

Dscf02932 

わかりづらいのですが、よく見ると欠けてしまっていた左側の真ん中の脚が小さいながらも再生されていました。

羽化はしましたが、実はまだ成虫ではないのです。

カゲロウ目は亜成虫という、まだ生殖能力のない段階を経て、もう一度脱皮して成虫になるという不思議な変態をします。

しっぽは3本から2本に減りました。取れてしまったわけではなく、亜成虫と成虫はしっぽが2本なのです。(カゲロウの種類によっては3本あります)

そして羽化した翌日の夕方。

Dscf03242

成虫になったものの、翅に脱皮殻がくっついてしまって取れません。

つまようじで剝がしてあげようとしたのですがはがれません。

脚も1本欠けてしまって、しっぽの先が脱皮殻から抜けていません。

こういう脱皮のエラーは昆虫にはよくあることなのですが残念です。

成虫の形をしたものから脱皮をするなんて、ちょっと考えただけでも脱皮しづらそうなのに、本当に不思議な生態です。

そしてどういう脱皮の仕方をすると翅に脱皮殻が付くのかも不思議です。

元の川に帰してあげたのですが、飛べないので繁殖に参加できずに命を終えることになりそうです。それでも魚か鳥の餌になるので無駄な命ではありません。

一度の採取で観察できたわけではなく、何回かトライしてやっと見れたので(失敗羽化でしたが)なかなか良い経験でした。

カゲロウについていろいろと教えてくださったK様に感謝いたします。

yogo

2016年11月29日 (火)

カゲロウの脱皮を観察しました

先日カゲロウの幼虫を飼ったのでご紹介します。

Sscn9986_2

私の飼ったカゲロウの幼虫はこんな感じの手のひら大の小石がごろごろしている川に棲んでいます。

Sscn9987

石を持ち上げると、さささ~って動く虫です。

川釣りをする人には釣餌でおなじみですね。

卵から孵ったばかりはもっと小さくて川底の砂の間にいるそうです。

今回は羽化まで見届けたいので、大きな個体を探します。

石をひっくり返すこと2時間(ちょっと変な人になっていいます 笑)

Dscf00842

体長1cm位のものが捕れました。

(しっぽは本当はこの3倍くらいあるのですが、3本とも切れてしまっています)

なんとかタニガワカゲロウなのですが、正確な名前は専門家に見てもらわないとわかりません。

Dscf00652

ついでに捕れた「コカゲロウ」のなかまも連れて帰りました。

こちらは2mm位の小さなカゲロウです。

なかなかすばしこくてかわいいいやつです。

(コカゲロウのしっぽは最初からこの程度です)

両方ともお腹にふさふさが付いていますが、これは鰓です。

常にひらひら動いています。

Dscf03352

ちょっと目を離したすきに脱皮が始まっていました!

(慌てていてピントが合っていません…)

Dscf01152

背中の弧を描いたような2対の模様は鰓でした。

Dscf01172_2

脚も出てきました。

Dscf01252

ぬるん♪

脱皮しているのを見つけてから1分ほどのできごとです。

見られて良かった~

眼と鰓以外は色素が薄いですね。

カゲロウの観察を始めた最初のころ、色が違うのは種類が違うと思っていたのですが、脱皮したては薄いんですね。

そしてしっぽは長くなっていました。

Dscf01502

気が付いたらコカゲロウも脱皮していました!

大きなカゲロウの方は写真をよく見ると、背中に羽のでき始めが透けて見えています。

なので、終齢幼虫だと思っていたのですが、まだ終齢ではなかったのですね。

今度こそ終齢でしょうか?

羽化するまで飼ってみたいと思います。

Dscf0325

終齢近くになると何も食べなくなるそうなので餌の心配はありません。

羽化するときに登る石が必要なので、こんな感じで川の水を入れて飼います。

ただ、カゲロウは基本的に石にへばりついているので見た目面白くないですね。

時々、元気かな?って確認したいので石を水中で振ると、ささささ~って泳ぎます。

長くなるので、羽化は次に続きます。

yogo

» 続きを読む

«朝日新聞に掲載されます

無料ブログはココログ